浜名湖のクロダイ釣りに挑戦♪
0

     

    かつて住んでいた浜松まで足を伸ばし、浜名湖で釣りをしてきましたので、

    そのお話を書かせて頂きます。

     

    少し前のブログで、様々な場所でクロダイ(チヌ)は釣れますよ!

    とお話を書かせて頂きましたが、これはもちろん浜名湖にも言えることです。

    かつての会社の先輩と現地で待ち合わせをして、そこから一緒に釣りをしていきます。

     

    集合時間は朝の5時。釣り人の朝は早いです。。。

     

    時間より少し前に到着したので、ルアー(ペンシルベイト)を投げていると、

    サバがヒットしました。といっても10cmほど笑

    今年はどこもサバが多いですね〜。

     

    クロダイ狙いのため、即リリース。

     

    そんなこんなですぐに先輩登場。

    久々の再開、いつも一緒に釣りをしてくれていた方とかつてのお互いのホームグランドで再開。

    なんか嬉しい。。。

     

    前日に大量のカニを捕ってきてくれており、カニを30匹ほどもらいます。

     

    ちなみにカニはこのように針につけます。

     

     

    まず朝一番は私の希望で、水深1mより浅い場所でクロダイを目で探し、発見したらカニを投げる。

    そんな変わった釣りを展開。

     

    「投げる」という動作があるので、ここではスピニングタックルで挑みます。

     

     

    浜名湖にはこんな場所がたくさんあります。

     

    魚を探しながらの釣りなので、偏光サングラスをつけます。

    この差は歴然ですね♪

     

     

     

    うん、クッキリ見えますね♪

     

    釣り用偏光サングラス、必ず使いましょう!

    目の疲れ防止にもなりますよ♪

     

    シマノ(SHIMANO) フローティングフィッシンググラス FL スモーク HG-067J

    新品価格
    ¥3,016から
    (2020/5/25 09:37時点)

     

    さて、肝心のクロダイですが、たまに発見できるものの、なかなか食わない。

    でもいつもより数が少ない。

     

    すぐに川の河口に移動します。

    ここでは先輩がクロダイ(キビレ)を掛けますが痛恨のバラし。

    *「バラし」は針に掛かった魚に逃げられてしまうことを言います。

     

    そのあと何もなく、移動です。

     

    次は水路。浜名湖は小規模の水路がたくさんあり、水路の中にクロダイがたくさん入り込んでいます。

    水路の水深は非常に浅く、1mもない場所ばかりですが、50cmもあればクロダイは釣れます。

    もちろん浅ければ浅いほど警戒心が高くなりますので、濁った水の方が釣れ易い傾向にありますね。

     

    そして私にも、アタリが!

    しかし、久々のこの釣り。うまく合わせられず…。

    で、またアタリが!今度はかかりますが逃げられてしまいました。

     

    と、今度は水路の対岸側でやっていた先輩が掛けます!

    が、またまたバラし。

     

    お互いにバラしまくり、不穏な雰囲気が流れます。

    しかし、ここで先輩が!

    強引に障害物を交わしながら、釣れたのは…

     

     

    45cmを超えるキビレをゲットです。

    キビレの40cmオーバーはかなりの大物。うらやましい!

    *キビレはクロダイに似ていますが、尾びれと腹びれの末端が黄色く全体的に体色が白っぽい魚です

     

     

    丁寧にリリース。

    これで私が釣れたら完璧ですので、頑張ります!

     

    ……。

     

     

    昼前まで頑張りましたが、その後はアタリもなく、終了となりました。

    また行ってきます!

    カテゴリ:釣り日記 | 09:38 | comments(0) | - |
    | 1/5PAGES | >>