<< 久々の掛川〜牧之原エリアの野池バス釣行♪(2020年釣行) | main | ハゼをルアーで釣る(ハゼング)&必殺のルアー改造♪ >>
掛川〜牧之原エリア野池バス釣行◆複横娃横闇釣行)
0

     

    前回の釣りではサイズが伸びなかったので、

    またまた行ってきました、野池バス釣行。今回も掛川〜牧之原エリアに向かいました。

    サイズが伸びなかった、とはいえ私は釣れれば嬉しい派なのでなので今回もとりあえず釣ることが目標です。

     

    1つ目の野池到着。

    誰もいないかな…、

    え?

    まさかのフローター3つ浮いている笑

    移動移動。

     

    2つ目の池到着。

    誰もいな…いる。しかも4人。

    ん〜、移動。

     

    3つ目の池到着。

    よし!誰もいない。

    ここでは1投目、大好きな「ガストネード70S」を投げます。

    いつもより水が濁っていたので、カラーは黒金。

     

    ダイワ(DAIWA) ルアー ガストネード70S クロキン

    新品価格
    ¥871から
    (2020/5/20 11:23時点)

     

    しばらく釣りをしていると、ルアーの後ろを怪しい影が!

     

    「!!!!」

     

    かなり大きいバスがついてきます。

    ガストネードをたらたらとゆっくり巻いていると、

    こんな感じで後ろをバスが追ってきて食うことが多々あります。

     

    「食え、食えっ」

     

    しかし、寸前で食わず。

    今回は食いませんでしたが、ルアーの後ろをバスが追ってきた場合、

    「巻くのを止める」ことはオススメしません。

    止めたら多くの場合、ルアーを追わなくなります。

     

    追ってきた場合…

     

    ,修里泙泙離好圈璽匹粘く

    ▲好圈璽匹鯊くして巻く

    ルアーにアクションを加える

     

    これらのどれかが効果的なことが多いです。

    びっくりしてルアーの動きを止めないようにしましょう。

     

    気を取り直して、釣りを続けます。

    すると、ルアーを回収する手前でいきなり!

     

     

    小さいのが食ってきてくれました♪

    20cmあるかないかですね笑

     

    で、池の逆側に回ります。

    池全体を水草が覆っています。

    フックむき出しのルアーは一切できない感じですが、そこまで激しい水草ではないので、

    「カットテール4インチ」オフセットフックのノーシンカーにして投げ、水草の中にゆっくり静める釣りをします。

     

    ゲーリーヤマモト 4インチ ラミネートカットテールワーム 939(ベビーバス(#305)/CCL)

    新品価格
    ¥778から
    (2020/5/20 11:25時点)

     

    するとすぐに!

     

     

    可愛いのが釣れました♪

    まだ釣れそうでしたが、スズメバチがいたので撤収(汗)

     

    次の池に移動してきました。

    ここは超有名な池。釣り人も2組います。

    しかもボートが浮いている。

    ボートおっけいなのかな???

    と思いながら、釣り開始です。

    あまり釣りをする場所もないのですが、これがこの日最後の池なので、粘ります。

    しばらくすると…

     

    バス発見っ♪

    しかもそんなに小さくない♪

     

    行動をしばらく見ていると、岸に頭を向けています。

    バスが岸に頭を向けて止まっており、コチラに気がついていない場合、かなりの確率で釣れます。

     

    岸に「アオキムシ」を投げます。

     

    バークレイ(Berkley) ワーム アオキムシ グリパンチャート PBMAM15-GPCH バス釣り ルアー

    新品価格
    ¥740から
    (2020/5/20 11:27時点)

     

    そして、岸から水中にルアーを落とします。

     

    「食った!」

     

     

    30cmは超えています35cmはないかな???

     

    この時期から、9月ぐらいまで、虫系のルアーは野池の定番ですね〜

    このサイズのバスだと私は満足です、皆さんよりもハードルが低いので笑

    いきなり水の中にルアーを投げるよりも、一度岸にわざと投げ、岸から生き物が落ちたのを演出すると、

    バスはかなりの可能性で騙されてくれますので、お試しを。

     

    こんな感じで満足し、今回は終了としました。

    野池のバス釣り、楽しいですね。また行ってきたら書きます♪

    カテゴリ:釣り日記 | 11:29 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする